「九州攻め」の版間の差分

m
m (→‎背景: lk)
秀吉の九州戦役(九州攻め)については定まった呼称がなく、[[豊臣政権]]による九州進攻戦であることを重くみて、「九州攻め」「島津攻め」「九州征伐」「島津征伐」と呼ばれることもあれば、[[織豊政権]]の天下統一事業のなかに位置づけて「豊臣秀吉の九州平定(戦)」と称することもある。なお、[[九州地方]]の各[[県]]・[[市町村]]の公式URLや公刊された県史・市町村史では「(秀吉の)[[九州平定]]」の用語が比較的多く用いられるのに対し、[[1983年]]([[昭和]]58年)刊行の[[吉川弘文館]]『[[国史大辞典 (昭和時代)|国史大辞典]]』では見出し語として「九州征伐」([[今井林太郎]])が使用されている。ただし、[[2005年]]([[平成]]17年)の吉川弘文館『戦国武将・合戦事典』における、今井によるほぼ同一内容の記事の見出し語としては「九州攻め」の語が採用されている<ref name=imai/>。
 
[[ファイル:Yoshitaka Kuroda.jpg|right|thumb|130px|[[黒田孝高]](如水)]]
なお、旧日本陸軍[[参謀本部 (日本)|参謀本部]]([[1889年]]-[[1945年]])編集の[[1903年]]([[明治]]36年)『日本戦史』における呼称は「九州役」であり、これは「九州の戦争」という意味である。ここにおける「役」は、[[賦役]]などと同様、原義としては「人民を公役に用いること」「公用の勤」を意味している。これは、[[戦争]]のために人民を徴発し、人びとが軍事的に[[徴用]]されるところから「戦」の意で「役」の呼称を用いたものである<ref>[[#小百科|『日本史小百科18 戦乱』(1984)p.302]]</ref>。
 
10,501

回編集