「九州攻め」の版間の差分

その他、島津氏と結んでいた筑前の秋月種実が日向の櫛間([[串間市]])と財部([[高鍋町]])に移封され<ref group="注釈">ただし、櫛間地頭の[[伊集院久治]]は国割りに納得せず、翌年の2月まで[[櫛間城]]から退去しなかった。</ref>、種実二男の高橋元種には縣(延岡市)と宮崎(宮崎市)が与えられた。さらに、案内役を務めた[[伊東祐兵]]には日向の飫肥(宮崎県[[日南市]])・曾井(宮崎市曾井)・清武(宮崎市[[清武町]])が与えられたが、[[飫肥城]]に入っていた島津家の[[上原尚近]]は城の明け渡しを拒んだ(尚近は、約一年後の翌年6月に義久に説得され、ようやく退去している)<ref name =oga/>。
 
[[ファイル:NanbanCarrack.jpg|right|thumb|200px|『[[南蛮屏風]]』([[狩野内膳]]筆)にみえるポルトガル船]]
上方への帰途、秀吉は廃墟と化した[[博多]](福岡市[[博多区]])の復興に着手して、その直轄化をすすめた。十町四方を区画して町割をおこない、石田三成・[[滝川雄利]]・小西行長・長束正家・[[山崎片家]]の5名を博多の町割奉行に任命し、その配下として下奉行30名を任じ、博多の豪商[[神屋宗堪]]・[[島井宗室]]に対して町割協力を要請、さらに、[[町衆]]に対しては[[問丸]]・[[座]]の廃止して営業の自由を保障し、地子諸役を免除する一方、博多商船への違乱を取り締まることを告知した<ref name=imai/><ref name=chro501>[[#クロニック|『クロニック戦国全史』(1995)p.501]]</ref> 。こうした施策は功を奏し、離散した商人も博多にもどり、町は再び活況を呈した<ref name=imai/>。
 
10,501

回編集