「ゴシック体」の版間の差分

m
ディスプレイの表示解像度の問題から、縦横の差異やウロコ(明朝体で言えば三角形になっている部分)のある書体は読みづらくなる(環境によっては実用レベルでなくなる)一方、ゴシック体はそういった需要を適切に満たすゆえである。
 
[[Microsoft Windows|Windows]]に標準でインストールされる[[MS ゴシック]]と呼ばれるフォントは、[[マイクロソフト]]による独自開発ではなく、[[写真植字機]]開発の伝統を持つ[[リョービ]]のゴシック-Bをベースに、[[リコー]]が開発しフォントデータとして仕上げたものである。その後、現[[ダイナコムウェア]]によるリョービのゴシック体も登場したが、MS ゴシックとは字形が僅かに異なる。
 
== 歴史 ==
6,416

回編集