「大和トンネル」の版間の差分

m
== 渋滞 ==
[[画像:Tomei YAMATO TN west.jpg|thumb|right|200px|渋滞中の大和トンネル(下り出口)]]
トンネルとしてそれほど規模は大きく(長く)ないが、入口付近で渋滞が頻繁に起こることで有名である<ref name="cnexco1">『…有名な大和トンネル付近を先頭にした大型の渋滞…』「[http://www.c-nexco.co.jp/corp/info/interview/h20/20090122/point.html 会長定例記者会見]」 [[中日本高速道路株式会社]],2009/1/22</ref><ref name="mlit1">2007年資料『ほぼ毎週約18kmの大渋滞が発生』「[http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/06/060608_.html 高速道路ネットワークの更なる有効活用に向けた料金社会実験の実施について]」[http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/06/060608/02.pdf 別添2 p5] [[国土交通省]][[道路局]]有料道路課,2007/6/8</ref>。渋滞が発生する原因として、主にトンネル付近が緩やかな下り坂から上り坂となっている場所(サグ)であること<ref name="jtkg">西成,2009,p27/p58</ref><ref>畠中ほか,2009</ref><ref name="nhk">『渋滞原因の第一位は、昨年度は上り坂でした。(中略)渋滞の名所である、東名大和トンネル(中略)全てこれが原因です』[[日本放送協会|NHK]][[視点・論点]]「渋滞の科学」 西成活裕,2007/8/20</ref>、トンネルに入り照度が落ち減速してしまうこと<ref name="jtkg">西成,2009,p65</ref>が挙げられている。また、名古屋寄りの出入り口付近に[[自動車ナンバー自動読取装置|Nシステム]]が設置されており、これを[[自動速度違反取締装置|オービス]]と誤認した車が減速することも渋滞に拍車をかけている。年末年始、5月の大型連休、旧盆の時期、[[ハッピーマンデー法]]10月の大型連休による3連休には上下線ともに渋滞は30[[キロメートル|km]]以上になることもあり、上り線は[[足柄サービスエリア|足柄SA]]付近まで、下り線は[[東京インターチェンジ|東京IC]]を過ぎて[[首都高速道路3号渋谷線|首都高速3号線]]まで伸びる事もある<ref name="cnexco2">例えば上り55.3km<!--2009/9/22 17:55-->/下り33.9km<!--2009/9/20 21:10-->など(2009/9の連休中夕方夜間)。「[http://www.c-nexco.co.jp/info/traffic/traffic_display.php?id=1539 9月の大型連休時期における高速道路の交通状況(速報)]{{リンク切れ|date=2011年7月}}」 中日本高速道路株式会社,2009/9/24</ref>。
 
テレビ・ラジオなどの交通情報では、関東地方における交通機関の混雑状況を示す象徴的な場所として取り上げられ、「大和トンネル(付近)を先頭に○○キロの渋滞」などとしてしばしば伝えられる<ref name="ntv">報道例「 [http://search.ntv.co.jp/news24/search/?keyword=%E5%A4%A7%E5%92%8C%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB 日テレNEWS24 『大和トンネル』の検索結果]」など 日本テレビ</ref>。この他、下り線方向からは[[大和バスストップ|大和バス停]]付近、そして、上り線方向からは[[綾瀬バスストップ|綾瀬バス停]]付近としても登場する。
匿名利用者