「自衛隊格闘術」の版間の差分

編集の要約なし
|公式ウェブサイト=
}}
 
'''自衛隊格闘術'''(じえいたいかくとうじゅつ)とは、[[自衛官]]の[[白兵戦]]・[[近接格闘術|徒手格闘戦]]の戦技として編み出された格闘術である。'''徒手格闘'''、'''[[銃剣格闘]]'''、'''短剣格闘'''からなる。
 
[[陸上自衛隊]]だけでなく、[[海上自衛隊]]、[[航空自衛隊]]でも訓練に取り入れている部隊がある。
 
[[演武]]のことを「展示」と呼ぶ。
 
陸上自衛隊では{{和暦|2008}}より、新しい内容の自衛隊格闘術(新格闘)が全部隊導入された([[#現在の自衛隊格闘術(新格闘)|後述]])。
 
== 2007年(平成19年)までの自衛隊格闘術 ==
[[大日本帝国陸軍|旧日本陸軍]]においては、敵陣に対する[[浸透戦術]]を敢行するために[[銃剣]]、短剣、[[軍刀]]を用いた格闘の訓練が盛んに行われていたが、武器を用いない徒手格闘に関しては、[[憲兵 (日本軍)|憲兵]]などの一部の[[兵科]]を除いて、自主的に[[武道]]を練習することを奨励するのみであった。
 
[[戦後]]、[[アメリカ陸軍士官学校]]に留学した[[陸上自衛隊]]幹部が、[[アメリカ陸軍|米陸軍]]での格闘訓練を見た経験から、銃剣格闘と連係できる徒手格闘術の必要性を[[陸上幕僚監部]]に進言した。これを受け、{{和暦|1955}}から研究が開始され、森良之祐(日本拳法協会最高師範)、[[富木謙治]](合気道師範、柔道七[[段級位制#武道|段]]、[[早稲田大学]]教授。合気道の乱取り稽古を考案)らの協力を得て、{{和暦|1959}}に訓練体系を確立した。
 
その後、技術の統一と錬度の向上のため、{{和暦|1984}}、全自衛隊徒手格闘連盟が組織され、第1回全自衛隊徒手格闘大会が開催された。以後、大会は毎年開催されている。
 
== 関連資料 ==
#* 平山隆一 編著『増補版 自衛隊徒手格闘入門』並木書房、{{和暦|2002}}
#* 「自衛隊格闘術のすべて」(『[[月刊 空手道]]』1990年3月号、4月号掲載記事)
 
== 関連項目 ==