「室谷由紀」の版間の差分

Template:Infobox 将棋棋士 での表示を加え、同志社大学1年在学中であることを記載。
(Template:Infobox 将棋棋士 での表示を加え、同志社大学1年在学中であることを記載。)
{{Infobox 将棋棋士
'''室谷 由紀'''(むろや ゆき、[[1993年]][[3月6日]] - )は、[[日本将棋連盟]]所属の[[女流棋士 (将棋)|女流棋士]]。2009年度以降の制度によって女流棋士となった初のケースである。[[森信雄]]七段門下。[[将棋の女流棋士一覧|女流棋士番号]]は42(2011年3月31日までの女流棋士番号は66)。
|image =
|caption =
|名前 = 室谷由紀
|棋士番号 = 42
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1993|3|6}}
|没年月日 =
|プロ年度 = 2010年7月17日(17歳)
|出身地 = [[大阪府]][[大阪狭山市]]
|師匠 = [[森信雄]]七段
|永世 =
|タイトル =
|段位 = 女流初段
|タイトル合計 =
|優勝回数 =
|作成日時=2012年5月3日
}}
 
'''室谷 由紀'''(むろや ゆき、[[1993年]][[3月6日]] - )は、[[日本将棋連盟]]所属の[[女流棋士 (将棋)|女流棋士]]。2009年度以降の制度によって女流棋士となった初のケースである。[[森信雄]]七段門下。[[将棋の女流棋士一覧|女流棋士番号]]は42(2011年3月31日まで42。連盟女流棋士番号は66)関西本部に所属
[[大阪府]][[大阪狭山市]]出身。[[同志社香里高等学校]]に入学。
 
[[大阪府]][[大阪狭山市]]出身。[[同志社香里高等学校]]を経て、[[同志社大学]]に在学中(2012年4月~)<ref>「将棋時評-棋道哀楽([[青野照市]])」 『将棋世界』 2012年2月号に、2011年11月24日の第38期[[女流名人位戦]]リーグ最終局の時点で、室谷が同志社大学1年生である旨の記述がある。</ref>。
 
== 棋歴 ==
2010年度の成績は、対・小野アマ戦から数えて7勝2敗で勝率0.778<ref>日本将棋連盟のサイトでは女流3級時代の成績も通算されており、9勝4敗、0.692。</ref>。負けた相手は[[里見香奈]]女流三冠と[[石橋幸緒]]女流四段(タイトル歴3期)だけである。女流1級での年度指し分け以上・7勝以上の規定により、2011年4月1日付けで女流初段に昇段。これで、'''9か月間で3つ昇級昇段'''したことになる。ちなみに、7勝のうちの3勝は山田(朱)から挙げた勝利である。また、第38期[[女流名人位戦]]予選を通過し、2011年度はB級リーグで戦うこととなった。
 
[[2011年]]、第19期倉敷藤花戦で、本戦準決勝で[[上田初美]]に勝利し初めて挑戦者決定戦に進出。[[清水市代]]に勝利すれば里見香奈との「十代対決」が実現したが、室谷が敗れタイトル初挑戦はならなかった。同年、第38期[[女流名人位戦]]B級リーグでは5勝4敗でB級リーグ残留
 
== 人物 ==