「各務原市」の版間の差分

m
=== 地下水汚染 ===
<!-- この節は 「硝酸性窒素による地下水汚染対策事例集」pp.209-234をまとめたものである。 -->
各務原市では昭和50年代に硝酸性窒素による地下水汚染が発見された<ref>{{Cite web|author=環境省環境管理局水環境部|title=硝酸性窒素による地下水汚染の浄化技術|work=硝酸性窒素による地下水汚染対策事例集|url=http://www.env.go.jp/water/chikasui/no3_taisaku/pdf/mat07_1.pdf|format=PDF |accessyearaccessdate=2008年|accessdate=6月11日 }}</ref>。
原因は特産物である「[[ニンジン]]」の耕作地で使用される[[窒素肥料]]の流出であることが後に判明するが、原因特定までに10年の時間がかかった。各務原市は「各務原台地」と呼ばれる台地の上に位置している。地質的には1m程度までが表層である「[[黒ボク]]」と呼ばれるものであり、そこから基部岩盤まで最大100m程度の3層の砂礫層が存在している。このような地理的状況から地下水が豊富で、古くから井戸などにより地下水を利用してきたが、一方表層の汚染が地下水に浸透しやすい状況であったと言える。現在は、減肥対策によってある程度の汚染軽減がなされているが、あくまで負荷がゼロになったわけではないため、依然として汚染が存在する状態が続いている。
 
4,753

回編集