「That節」の版間の差分

編集の要約なし
m (強調構文の一部」)
 
==形容詞節==
[[関係代名詞]]のthatによって導かれる。節の中は不完全文である。thatが省略されることもある。同格名詞節のthat節と紛らわしいことが多いが、節の中で[[目的語]]にあたる名詞、代名詞など文の要素が欠けている<ref name=nakazawa/>。その欠けた要素に相当する名詞節(先行詞)が主文に明示され、それをthat節が修飾する形で文が構成される
 
また先行詞が省略されthat節自体が[[主語]]となっている[[コピュラ]]文もある。これはIt...that構文に変換される場合([[分裂文]])が多い。
 
[[関係副詞]]の代用としてthatが用いられることもある。
匿名利用者