「ヒューマニズム」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概説==
ルネサンス期における「'''ヒューマニズム(人文主義)'''」とは主として古典研究、フマニタス研究を指すが、20世紀にはいると、この古典研究の意味から離れて合理主義的解釈が施され、以下のような極端なとらえ方がなされる場合がある。[[善]]や[[真理]]の根拠を、[[神]]でなく[[理性]]的な人間の中にみいだそうとした、と。その延長上として「'''[[人間中心主義]]'''」と訳出する場合があるが、この「人間」とは西欧近代的な価値観に基づく『理性的』な人間であり、理性中心主義・西欧中心主義に通じる概念である{{要出典|date=2007年9月}}、と。この解釈は啓蒙主義以後の観点であり、ルネサンス人文主義とは明確に区別されるべきであろう。また、ヒューマニズムは動的な抽象概念ととられるが、大きくちがう。これに対してコミュニケーションを例にだすと、会話をしてもこれはヒューマニズムである。注意すべきなのは働くという概念ではない
 
== 語源・歴史 ==
258

回編集