「薬」の版間の差分

編集の要約なし
m (rvv.)
==くすり==
;人にもちいる薬
*古代においては、「くすり」といえば、もっぱら'''[[生薬]]'''(草根木皮あるいは動物・鉱物)のことを指した<ref>{{Cite book|和書|author=[[清水藤太郎]]|title=日本薬学史|origyear=1949|edition=1971年復刻|year=1971|publisher=南山堂|pages=p.p.2-4}}</ref>。古代ギリシャでも、古代中国でも植物が薬の基本で([[薬用植物]])、それに加えて動物・鉱物も用いられていたのである。
* 日本で[[伝統中国医学]]を継承したものが[[漢方医学]]として発展すると、薬は'''[[漢方薬]]'''をも指すようになった。
* 西洋では19世紀ころから[[薬用植物]]から有効成分を抽出したものに加えて、化学的に合成した化学薬品もさかんに用いるようになった。
94,774

回編集