「甲冑魚」の版間の差分

m
私による以前の編集を修正いたしました
m (私による以前の編集を修正いたしました)
 
== 概要 ==
原始的な特徴をもつ[[化石]]動物の一群で、絶滅した[[無顎類]]<ref>現在では[[ヌタウナギ科]]、[[ヤツメウナギ目]]だけが生き残っているが、これらは甲冑魚に含まれない</ref>などが含まれる。現生の魚類と比較すると体表がやや骨格化(あるいは[[無脊椎動物]]の[[外骨格]]の残滓)しており、特に頭部は堅い骨質板でおおわれており、[[甲冑]]魚と呼ばれる所以にもなっている。[[ダンクルオステウス]](またはダンクレオレステス)<ref>ダンクルオレステス(Dunkleolestes)、ディニクティス(Dinichthys)ともいう。</ref>や[[ボスリオレピス]]などの[[板皮類]]も、甲冑魚とよばれることがある。
 
[[古生代]][[オルドビス紀]]に現れ、[[シルル紀]](またはゴトランド紀)~[[デヴォン紀]]に繁栄した。[[デボン紀]]後期の[[大絶滅]]によりほとんどが絶滅し、[[ミシシッピ紀]](石炭紀前期)に完全に途絶えた。体長はおよそ15~30cmのものが多かったようである<ref>ただし、ダンクレオレステスは全長6mを超えたとみられている。</ref>。
832

回編集