「グルカゴン」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: gl:Glicagón)
編集の要約なし
[[ファイル:Glucagon.png|thumb|グルカゴンの構造]]
'''グルカゴン''' (glucagon) は29[[アミノ酸]]残基からなる[[ペプチドホルモン]]で、[[炭化水素]]の[[代謝]]に重要な機能を持つ。[[分子量]]3,485ダルトン。[[インシュリン]]とともに[[血糖値]]を一定に保つ作用をする[[ホルモン]]であり、インシュリンとは反対に血糖値が下がって[[糖]]を必要とするようになったときに[[肝細胞]]に作用して[[グリコーゲン]]の分解を促進する。Kimball と Murlin によって[[膵臓]]の抽出物から1923年に発見された。グルカゴンは膵臓[[ランゲルハンス島]]のA細胞(α細胞)で生合成、分泌される。
 
== 分泌調節 ==
グルカゴンの分泌は[[低血糖]]により促進され、[[高血糖]]により抑制される。[[遊離脂肪酸]]によっても抑制され、[[アルギニン]]などの[[アミノ酸]]によって刺激される。体液性因子としては、血中[[グルコース]]上昇により分泌されるインシュリンがグルカゴン分泌を抑制する。[[ソマトスタチン]]、[[セクレチン]]もグルカゴン分泌を抑制し、反対に[[成長ホルモン]]、[[サイロキシン]]、[[糖質コルチコイド]]、[[コレシストキニン]]、[[ガストリン]]は刺激する。神経性因子として、[[迷走神経]]は[[ムスカリン様作用]]により分泌を促進する。[[交感神経]]はβ作用により分泌促進とα作用による分泌抑制の両作用を持つが、通常は分泌促進作用が優勢である。
 
== 生理作用 ==
グルカゴンは貯蔵燃料を動員する異化ホルモンである。肝のグリコーゲン分解、アミノ酸からの[[糖新生]]を促進する事により血糖値を上昇させる。また、[[脂肪細胞]]のホルモン感受性[[リパーゼ]]を活性化して、脂肪分解を促進して[[遊離脂肪酸]]放出を増加させる。遊離脂肪酸は肝での[[ケトン体]]産生の基質になるので、結果としてケトン生成を促進する。なお筋肉ではグリコーゲン分解を促進しない。また膵B細胞のインシュリン分泌、D細胞のソマトスタチン分泌、[[下垂体]]前葉の成長ホルモン分泌を刺激する。
 
== グルカゴン製剤 ==
1

回編集