「趙麟徹」の版間の差分

 
==人物==
1995年の[[ユニバーシアード柔道競技|ユニバーシアード]]決勝ではポイントの取り合いの末に[[窪田和則]]に[[裏投]]で敗れたが、その際に相手との握手を拒否してそそくさと畳から立ち去った。1996年の[[アトランタオリンピック]]では[[ユン・ドンシク|尹東植]]を押しのけて代表となるが、準決勝で[[古賀稔彦]]に警告と[[巴投]]で有効を取られて敗れた。この試合では寝技の攻防の際に古賀の手に噛み付いたという<ref>「独占ロングインタビュー 古賀稔彦」[[近代柔道]] [[ベースボールマガジン社]]、1996年11月号、3項-9項</ref>。この時も相手と握手をせずに畳から立ち去る態度を取った。1997年の[[1997年世界柔道選手権大会|世界選手権]]では決勝でフランスの[[ジャメル・ブーラ]]を技有りで破って優勝した。1999年の[[1999年世界柔道選手権大会|世界選手権]]では3位に終わった。2000年の[[シドニーオリンピック]]では決勝で[[瀧本誠]]に[[袖釣込腰]]で有効を取られて敗れたが、この際には相手との握手に応じた。また、表彰式では優勝した瀧本に対して拍手も送った。2001年の[[2001年世界柔道選手権大会|世界選手権]]では、決勝でエストニアの[[アレクセイ・ブドリン]]を[[掬投]]で破って2度目の優勝を果たした。
 
引退後は[[心理学|スポーツ心理学]]で博士号を取得して、現在は[[龍仁大学校]]の教授を務めている。
 
==主な戦績==