「循環 (流体力学)」の版間の差分

クッタ・ジュコーフスキーの定理を修正
(英語版を参考にした)
 
(クッタ・ジュコーフスキーの定理を修正)
</ref>
 
非粘性バロトロピック流体の2次元流れにおいて、水平方向( <math>x</math> 方向)に一様な速度 <math>U</math> の流れを考える。奥行き方向単位長さあたりの物体にかかる力の鉛直成分( <math>y</math> 成分)、すなわち、[[揚力]] <math> \boldsymbol{F}_LL </math> は物体を囲む閉曲線に沿った循環 <math> {\it\Gamma} </math> と流体の密度 <math> \rho </math> と流体に対する物体の速度 <math> \boldsymbol{V} </math> の積を使って
:<math>
|\boldsymbol{F}_L|L = -\rho |\boldsymbol{V}|U |{\it\Gamma}|
</math>
で表される。これは[[クッタ・ジュコーフスキーの定理]]と呼ばれる。<ref name="kundu"/>
343

回編集