「循環 (流体力学)」の版間の差分

説明文追加
(クッタ・ジュコーフスキーの定理を修正)
(説明文追加)
{{連続体力学}}
[[流体力学]]における'''循環''' (じゅんかん、[[英語]]:circulation) とは閉曲線上での[[流体]]の[[速度]]の[[線積分]]である。循環は <math>\it\Gamma</math> と表されることが多い。[[渦]]の強さを表し、[[非粘性]][[バロトロピック流体]]の[[保存力|保存外力]]下では流れにそって保存する
 
閉曲線 <math>C</math> に沿った循環 <math>{\it\Gamma}</math> は、流体の速度を <math>\boldsymbol{v}</math> 、曲線の微小線要素ベクトルを <math>\mathrm{d}\boldsymbol{l}</math> として、線積分
}}
</ref>
<!--循環の次元は <math>L^{2}T^{-1}</math> である。-->
 
== 循環と渦度 ==
</math>
で表される。これは[[クッタ・ジュコーフスキーの定理]]と呼ばれる。<ref name="kundu"/>
<!--
{{main|クッタ・ジュコーフスキーの定理}}
This equation applies around airfoils, where the circulation is generated by airfoil action, and around spinning objects, experiencing the [[マグヌス効果]], where the circulation is induced mechanically.
 
Circulation is often used in [[数値流体力学]] as an intermediate variable to calculate forces on an [[翼型]](airfoil) or other body. When an airfoil is generating lift the circulation around the airfoil is finite, and is related to the vorticity of the [[境界層]]. Outside the boundary layer the vorticity is zero everywhere and therefore the circulation is the same around every circuit, regardless of the length of the circumference of the circuit.
-->
== 関連項目 ==
* [[渦度]]
343

回編集