「扁平足」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[幼児]]のころは土踏まずのところに[[脂肪]]がついており土踏まずが無い子供が普通である。土踏まずが形成されるのは8歳頃で、それを過ぎると一般的に扁平足といわれる。
 
[[遺伝]]するが、生活習慣で治すことができる。これは、大きな[[発見]]である(20世紀、偏平足は、歩行にも支障があるといわれていた)
 
痛みがなければ治す必要は無いが、神経痛などを伴う場合は[[整形外科学|整形外科]]で診てもらう必要がある。
258

回編集