「国原吉之助」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''国原吉之助'''(くにはら きちのすけ、[[1926年]]― )は、ラテン[[日本]]の[[言・文研究]][[文学者]]。[[名古屋大学]]名誉教授。専門は[[ラテン語]]と[[ラテン文学]]
広島生まれ。[[京都大学]]文学部卒業。[[京都学芸大学]](現[[京都教育大学]])助教授、名古屋大学教授、1988年定年退官、名誉教授。
 
==共編著 人物 ==
[[広島県]]生まれ。[[京都大学]][[文学部]]卒業。[[京都学芸大学]](現[[京都教育大学]])助教授、名古屋大学教授、[[1988年]]定年退官、名誉教授。
 
== 著書 ==
=== 共編著 ===
*新ラテン文法 改訂増補版 [[松平千秋]]共著 南江堂 1972.
*中世ラテン語入門 編著.南江堂 1975 のち新版・大学書林
*ラテン詩への誘い 編著 大学書林,2009.2.
 
=== 翻訳 ===
*黄金のろば [[アプレイウス]] [[呉茂一]]共訳 1956-57 岩波文庫
*ローマの政治思想 アラン・ミシェル [[高田邦彦]]共訳 白水社,1974.文庫クセジュ
*[[プリニウス]]書簡集 ローマ帝国一貴紳の生活と信条 1999.3. 講談社学術文庫
== 参考 ==
*国原吉之助教授略歴・業績目録「名古屋大学文学部研究論集」1988
 
匿名利用者