「ヒューマニズム」の版間の差分

こういう論もある。20世紀半ば以降。ヒューマニズムは[[人間中心主義]]にすぎないのではないかという批判が提出されてきた。「人間は、人間の尊厳を唱える一方で、他の動物のことを単なる手段として扱っている。これもまた一つの差別、すなわち「種差別」にほかならないのではないか。さらに人間は、動物への虐待ばかりでなく、科学技術という強大な力を手に、自然環境に対する大規模な破壊活動も繰り返している。その根底にあるのはヒューマニズムという名の驕りではないのか」
 
また、ヒューマニストは16世紀のルネサンス時代に登場した、[[カトリック]]教会の神中心の世界観に対して人間そのものの美しさや価値を見いだした思想家たちである。代表的なヒューマニストとしては、ドイツのロイヒリン、オランダの[[エラスムス]]、イギリスのトマス=モア、フランスの[[モンテーニュ]]らである。彼らの思想は、カトリック教会(これとは別に[[教皇]]と対立した[[サヴォナローラ]]は自分が神に選ばれた人であると公言したが、それは虚偽であるとされて焼き殺された(この事から、ローマの当時の[[信仰]]がみれる)<ref>ピエリオ・ヴァレリアーノ著『学者たち)不幸』権威主義読むヒューマニスト否定することとなり、びたび弾圧されたが、宗教改革運命出現を促し、近代的な合理思想の源流となった。
根占 献一・</ref>)の権威主義を否定することとなり、たびたび弾圧されたが、宗教改革の出現を促し、近代的な合理思想の源流となった。
 
== 定義 ==
108

回編集