「ストリートファイターZERO (漫画)」の版間の差分

m
 
== あらすじ ==
「真の格闘家」を目指すべく旅を続け、ムエタイの帝王・'''サガット'''をも倒したリュウ。だがその一撃には、非情な力「殺意の波動」が込められていた。「厳しかった修行の成果がこんな力…」と深い絶望感を抱え込んでしまみ、格闘の道を捨てよとしたリュウだったが、サガットが自分を倒す為に特訓をしている事をインターポールの新米刑事・'''春麗'''に告げられて立ち直り、彼女の捜査に協力する中で謎の力を使う女性占い師・'''ローズ'''と出会い、「炎のような二人の男に出会え」と予言される。一人は、ライバルであり親友でもある同門の男・'''ケン'''。そしてもう一人は、武神流の男・'''ガイ'''であった。リュウは二人を追う中、'''バルログ'''が主催する闇の格闘大会「ブラッディフォレストバトル」に参加するが、その中でサガットの一番弟子・'''アドン'''の卑劣な策略にはまり、眠っていた「殺意の波動」を呼び起こされてしまう。破壊の限りを尽くし、手が付けられない状態だったが、駆けつけたガイによって止められ、リュウは殺意の波動の真の意味、そして自分が倒すべき相手は、秘密結社「シャドルー」の総帥・'''ベガ'''である事を知る。
 
== 登場人物 ==
7,908

回編集