「陸前高田 (小惑星)」の版間の差分

m
編集の要約なし
(新規作成)
 
m
陸前高田は、[[ローウェル天文台]]のLONEOSによって[[1998年]][[10月14日]]に発見された小惑星である。
 
名前は[[東日本大震災]]で大きな被害を受けた、[[岩手県]]の[[陸前高田市]]にちなんで命名された。名前は[[2012年]][[5月9日]]に、他の11個と同時に発表された。この命名は、東日本大震災からの復興を願って、被害の大きかった被災地の地名を命名した。これは、同年[[5月16日]]から[[新潟市]]の[[朱鷺メッセ]]で行われる国際会議「小惑星・彗星・流星2012」が、アジア初の開催となることにちなんで、日本にゆかりの深い命名が多数承認された事もきっかけとなっている。同会議の実行委員会で原案を作成し、命名提案権を持つ[[ローウェル天文台]]の[[エドワード・ボーウェル]]と協議の結果、同時に12個の小惑星を命名し、国際天文学連合に承認された。
 
陸前高田市のある岩手県に因む小惑星[[岩手 (小惑星)|岩手]]が同時に登録されている。また、似たような経緯で命名された、地方名である[[東北 (小惑星)|東北]]という小惑星がある。
8,697

回編集