メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[画像:Chakram.jpg|thumb|100px|チャクラム]]
'''チャクラム'''(チャクラ)は古代[[インド]]で用いられた[[投擲]][[武器]]の一種。'''戦輪'''、'''飛輪'''や、'''円月輪'''とも呼ばれる。真ん中に穴のあいた金属製の円盤の外側に刃が付けられており、その直径は12-30cm程。投擲武器としては珍しく斬ることを目的としている。人気漫画、『ドラゴンボール』のキャラクターの用いる気円斬という技はチャクラムから考えられたと考えられる。
 
投げ方は二通りあり、円盤の中央に指をいれて回しながら投擲する方法と、円盤を指で挟み投擲する方法がある。
匿名利用者