「オルズベック・ナザロフ」の版間の差分

m
[[1989年]]秋、[[勇利アルバチャコフ]](後の[[世界ボクシング評議会|WBC]]世界フライ級王者)等と共に[[ソビエト連邦|ソ連]](当時)から来日。[[協栄ボクシングジム]]にスカウトされた6人のアマチュアエリートボクサーの1人であった(来日の橋渡し役は、[[スポーツ平和党]]初代党首で当時[[国会議員#参議院議員|参議院議員]]に初当選して間もない[[アントニオ猪木]])。
 
[[1990年]]2月1日、「'''グッシー・ナザロフ'''」の[[リングネーム]]でプロデビュー(リングネームの「グッシー」は[[世界ボクシング協会|WBA]]世界ライトフライ級王座を13度防衛した協栄ジム出身の元世界王者[[具志堅用高]]に風貌が似ていた同じ強打のサウスポーから名付けられた)。西沢誠(後の日本ライト級王者)を初回KO勝ち。
 
[[1991年]]4月22日、6戦目で日本ライト級王座を獲得。同王座は2度防衛後に返上した。
匿名利用者