「鹿島氏」の版間の差分

m
『[[鹿島治乱記]]』によると、幼少にして鹿島氏の[[家督]]を継いだ[[鹿島義幹]]は姦臣を近づけ、[[暴政]]を布いたために、[[家老]]たちが示し合わせて近隣の[[江戸]]や[[行方]]の兵を鹿島に入れ、[[謀反]]を起こした。作者は、鹿島義幹による鹿島城改築を、[[秦]]の[[始皇帝]]の[[阿房宮]]造営になぞらえ、原因のひとつとしている。
 
実際、[[鹿島城_(常陸国)|鹿島城]]は中世の城郭としては尋常な規模ではなかったらしい。義幹は700名の兵とともに鹿島城にたてこもったが、相手は3000名をこえていた。そこで、鹿島家の親戚である[[林氏|林]]、[[東氏|東]]の両氏が言うには、「この城はまだ改築中であり、十分な防衛ができるとは思えません。ひとまず、[[房総半島|房総]]に退き、[[下総国|下総]]の加勢をまって情勢の立て直しを図ってはどうでしょう」と提案した(林氏も東氏も将軍家直臣であって、義幹に意見できる身分であった。また義幹もこれを無下にはできなかった義幹は最初逡巡したが、下総の東城([[須賀山城]]のことと思われる[[東氏]]の居城・現在の千葉県[[東庄町]])に退いた。家老たちは義幹の姪を大掾氏の男子にめあわせて新たな当主とした。(この姪は[[江戸氏]]当主の姪にもあたるので江戸氏の外圧を受けて義幹を追放した勢力には好都合であった。)義幹は東城で、機会を伺っていたが、同族の[[島崎氏]]が流した「今こそ鹿島を奪回する好機である」と嘘の情報を真に受け、再起をはかるべく、東城から出撃し、現在の[[茨城県]][[鹿嶋市]][[高天原]]に[[上陸]]し、城方もこれを迎えうって合戦となった。これは'''[[高天原合戦]]'''として知られている。この戦いにおいては、[[松本政信|松本備前守]]や[[塚原卜伝]]のような[[剣豪]]も参加した。鹿島城は皮肉にも義幹の改築によって、非常に堅固になっていた。しかし義幹はこの合戦において討ち死にし、義幹方の兵は東城に引き上げていった。義幹は戦死したが、義幹の孫、治時は鹿島家当主につくことができた
 
義幹は最初逡巡したが、下総の東城([[須賀山城]]のことと思われる[[東氏]]の居城・現在の千葉県[[東庄町]])に退いた。家老たちは義幹の姪を大掾氏の男子にめあわせて新たな当主とした(この姪は[[江戸氏]]当主の姪にもあたるので江戸氏の外圧を受けて義幹を追放した勢力には好都合であった。)。義幹は東城で、機会を伺っていたが、同族の[[島崎氏]]が流した「今こそ鹿島を奪回する好機である」と嘘の情報を真に受け、再起をはかるべく、東城から出撃し、現在の[[茨城県]][[鹿嶋市]][[高天原]]に[[上陸]]し、城方もこれを迎えうって合戦となった。
 
これは'''[[高天原合戦]]'''として知られている。この戦いにおいては、[[松本政信|松本備前守]]や[[塚原卜伝]]のような[[剣豪]]も参加した。鹿島城は皮肉にも義幹の改築によって、非常に堅固になっていた。しかし義幹はこの合戦において討ち死にし、義幹方の兵は東城に引き上げていった。義幹は戦死したが、義幹の孫[[鹿島治幹|治幹]](治時)は鹿島家当主につくことができた。
 
[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]も終わりのころになると、常陸北部の大名、[[佐竹氏]]は鹿島氏当主を他の常陸南部の地頭たちと一緒に謀殺し、軍を鹿島に差し向けた。鹿島軍も善戦したが、当主不在もあってか落城した。
 
[[徳川氏]]の代になると、鹿島氏の子孫は下総に落ち延びていたので、旧家臣たちが幕府に嘆願し、家の[[復興|再興]]を願った。[[徳川家康]]はこれを許し、[['''鹿島惣大行事家]]'''として存続することになった。石高は200石。なお、鹿島氏の一族は、庶子等も含めると、[[旗本]]になったもの、[[水戸藩]]藩士になったもの、[[高松藩]]藩士になったもの(高松藩は水戸家の分家のため)、[[帰農]]したものと多岐に渡る。
 
== 系譜 ==
2,672

回編集