「常陸平氏」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{Pathnav|桓武平氏}}
 
'''常陸平氏'''(ひたちへいし)は、[[桓武平氏]]のうち[[常陸国]]を本拠とした[[平高望|高望王]]流[[坂東平氏]]の一族の呼称。後に[[嫡流惣領]]が[[大掾氏]]を称した。[[伊勢平氏]]とは同流に族でたるほか、[[鎮西平氏]]([[伊佐氏]])、[[越後平氏]]([[城氏 (平氏)|城氏]])、[[信濃平氏]]([[仁科氏]])、[[岩城氏|海道平氏]](岩城氏)などの諸族[[庶家]]出した。まだし[[清和源信濃平]]や[[出羽清原と海道平]]は庶家ではなく、別系統の関係する説深かったある)
 
また、[[清和源氏]]([[佐竹氏]])や[[出羽清原氏]]とは縁戚関係でもあった。
 
== 歴史 ==
[[昌泰]]元年([[898年]])に[[上総国|上総]]介に任じられた父の[[平高望]]とともに[[坂東]]に下向した高望の長子・[[平国香]]は、前任の常陸大掾[[源護]]の娘を妻とし護よりその地位を受け継ぎ常陸[[大掾]]として常陸国[[筑波山]]西麓の[[真壁郡]][[上野村 (茨城県真壁郡)|東石田]]に住したが、護の子[[源扶|扶]]らと[[下総国|下総]]を本拠とする甥の[[平将門|将門]]との抗争に巻き込まれて亡くなり[[承平天慶の乱]]の発端となる<ref>例えば、[[河合敦]]『早わかり日本史』などでは、[[吉川英治]]や[[海音寺潮五郎]]の[[小説]]から、「弟の良将の領地を国香が奪ったため、良将の子将門は国香を討って領地を取り返した。」のようになっているが、これはあくまでも「早わかり」であり、俗説なり通説なりの説があるわけではない。</ref><ref>海音寺潮五郎はその著書『悪人列伝 古代篇』に、抗争の原因について「歴史上のこんなことは古文書でも発見されないかぎりほんとうのことはわからないのだから、面白ければ面白いほどいいのである。」とし、国香の死因については「将門記ではいつどこで討取られたか書いてないが(死んだとすら書いてなく、貞盛の行動から国香が死んだことが推察できるのみである)、国香も武人だ、・・だから戦死したのであり、」として何の根拠もあるわけではないことを明言している。</ref> 。その後、国香の嫡子[[平貞盛|貞盛]]は[[藤原秀郷]]らの協力を得て将門を討ち、その報償として常陸に多数の所領を得る。貞盛は一族から多数の[[養子]]を迎えたことで知られ、この内、弟である[[平繁盛|繁盛]]の子[[平維幹|維幹]]を常陸に赴任させた。維幹は同国[[筑波郡]][[多気城 (常陸国)|多気]]に因んで'''[[多気氏|多気権大夫]]'''と号し、ここを拠点にして勢力を拡大させていく。これが常陸平氏の始まりである。常陸平氏は大掾職を代々継承し、[[苗字]]にしていく。維幹の後は長男の[[平為幹|為幹]]が継ぐが、次男の[[平為賢|為賢]]は[[伊佐氏 (肥前国)|伊佐氏]]を号し、後に[[肥前国|肥前]]に移住して'''[[鎮西平氏]]'''を形成する。
 
維幹の兄弟の方では、[[平維茂|維茂]](同じく貞盛の養子)は[[越後国|越後]]に赴任して、その子孫は[[城氏 (平氏)|城氏]]を称して'''[[越後平氏]]'''を形成する。他にも、[[平兼忠|兼忠]]の子孫は'''[[信濃平氏]]'''([[仁科氏]])として、[[平安忠|安忠]]の子孫は'''[[海道平氏]]'''([[岩城氏]])として発展したとされる(ただし、信濃・海道両平氏については別族説もある上記参照)。
 
=== 拡大 ===
2,672

回編集