「オーア (紋章学)」の版間の差分

m
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: nl:Or (heraldiek))
== 解説 ==
=== 語源 ===
オーアという言葉は、[[元素記号]]の「 Au 」と同様に[[ラテン語]]で「[[金]]」を意味する aurum に由来する。これが[[古フランス語]](資料によっては中期フランス語)に取り入れられ、その後[[中英語]]にも取り入れられた<ref>{{cite web | url = http://dictionary.reference.com/browse/or | title = or - Definitions from Dictionary.com | work = Dictionary.com | publisher = Lexico Publishing Group, LLC | language = 英語 | accessdate = 2008年1月6日 | accessyear = 2008年 }}</ref>。
 
=== 記述 ===
=== 金の変色 ===
[[ファイル:Gold(III) chloride solution.jpg|thumb|200px|(参考)塩化金(III) 溶液。黄色というよりも濃い[[オレンジ色]]をしている]]
歴史上のいくつかの紋章ではオーアの表現において[[金箔]]が用いられていたこともあり、オーアを適用すべき[[盾]]の部分に貼り付けられていた。しかし、この金箔を貼った部分は、何百年という時間を経るうちに変色し、赤みを帯びてくる<ref name="kobuchi">{{cite web|url = http://www.asahi-net.or.jp/~vz4s-kubc/tincture.html | title = TINCTURES | date = 1996-10-20 | author = 河渕慎一郎 | language = 日本語 | accessdate = 2007年12月30日 | accessyear = 2007年}}</ref>。その結果、元々はオーアを意図していた領域であったのか、元から原色の[[ギュールズ (紋章学)|ギュールズ]]や[[テニー (紋章学)|テニー]]を意図していた領域であったのかを識別することが困難になることがある。このような状況では、オーアは通常、原色の隣りの領域に適用されているので、金箔が赤くなることで原色の隣りに更に原色である[[赤]]や[[橙]]があるように見えてしまい、ティンクチャーの原則に違反しているように見誤らせてしまう。紋章学では、戦場で個人を特定するという当初の目的から遠くからでも見分けられる視認性が重視されており、視認性を低下させる原色の隣りに原色又は金属色の隣りに金属色という配置は原則として禁じられている。
 
=== 適用例 ===
4,753

回編集