「英霊」の版間の差分

m
思い直して復活
(引用されている田村譲の主張の根拠じたいが個人サイトから引っ張ってきたもの。杜撰にも程がある。)
m (思い直して復活)
== 概要 ==
[[日露戦争]]以降、特に国に殉じた人々、[[靖国神社]]・[[護国神社]]に祀られている戦没将兵の「忠魂」・「忠霊」と称されていたものを指して使われ始めた <ref>村上重良『慰霊と招魂』岩波新書、1974年、152頁参照。</ref>。
<!-- 思い直して復活させてみたものの、さほど有益な記述でないのでコメントとして残す。--><!-- なお、[[田村譲]]は、[[戦病死]](戦闘による死亡ではなく出征先で罹病し死亡)した軍人は「特旨をもって合祀」されている。これは、病気で死んだ兵士は本来「犬死」であり、靖国神社の祭神になる資格はないのだけれど、天皇の特別のお恵みをもって神様に祀るのだという意味である。弾に当たって戦死した戦没者と病気で死亡した戦没者との間には、はっきりと差別(区別)がある、と主張している<ref>田村譲「靖国神社に関する一考察」「松山大学論集」13(5)、2001年12月 338頁 {{PDFLink|[href=http://ci.nii.ac.jp/els/110004687398.pdf?id=ART0007422043&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1336804850&cp=]}}</ref>。-->
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
1,337

回編集