メインメニューを開く

差分

[[東北地方]]では最古の塔といわれ、[[昭和]]41年([[1966年]])には[[国宝]]に指定された。
 
[[平安時代]]中期の[[承平 (日本)|承平]]年間([[931年]] - [[938年]])[[平将門]]の[[創建]]と伝えられているが定かではない。[[再建]]は[[室町時代]]前期の[[応安]]年間([[1368年]] - [[1375年]])[[長慶天皇]]の御代、[[山形藩]]主 [[最上義光]](もがみよしあき)が大修理を行ったとされている。[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の[[建徳]]3年・[[文中]]元年、応安5年([[1372年]])に羽黒山の別当職[[武藤大宝寺政氏]]が再建したとも伝えられる。
高さ約29m、[[三間五層柿葺素木造]]の塔は東北最古といわれる。近くには樹齢1000年、樹の周囲10mの巨杉“[[爺杉]]”がある。
 
匿名利用者