「ポール・デルヴォー」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ca:Paul Delvaux)
'''ポール・デルヴォー'''(Paul Delvaux、[[1897年]][[9月23日]] - [[1994年]][[7月20日]])は、[[ベルギー]]・[[リエージュ州]]生まれの[[画家]]。
 
[[16世紀]]のマニエリスト達の女性像や、独自の夢とノスタルジーの世界を築く。作品の中では、裸体、建物、電車などが主題としてくり返し表現される裸体、建物、電車、背景には[[古代ギリシャ]]の[[神殿]]がよく用いられる。静寂さの中に幻想的な世界が広がるその作風によって、「幻想画家という形容もなさるゆえんがある。[[1935年]]以後、運動には直接参加しないまま[[シュルレアリスム]]展にしばしば出品。長く[[ブリュッセル]]に住んだが1994年に没す。
 
ベルギー北西部のリゾート地KoksijdeのSint-Idesbaldには彼の主要作品を多く所有する[[ポール・デルヴォー美術館]][http://www.koksijde.be/nl/musea/paul_delvauxmuseum/]がある。[[愛知県美術館]]には代表作「こだま」(1943([[1943]])が収蔵されている。
 
== 日本にあるデルヴォー作品<ref>週間朝日百科 『日本の美術館を楽しむNo.39 [[神戸市立博物館]]』 [[朝日新聞社]]、2005年、21頁より</ref> ==
*「階段」など18点 [[横浜美術館]]
*「トングルの娘たち」など2点 [[ポーラ美術館]]
*「オルフェウス」(1956([[1956]]) [[松岡美術館]]
*「森」 [[埼玉県立近代美術館]]
*「こだま」(1943年) [[愛知県美術館]]
4,830

回編集