「662 BPM BY DG」の版間の差分

*改詞の一例:「とっとと帰って[[スカトロジー|糞でも食べて]] [[ネクロフィリア|犬の死体]]で[[オナニー]]しろよ」→「とっとと帰ってメシでも食べて [[近親相姦|ママ]]の[[下着]]で[[オナニー|フィーバー]]しろよ」(電気ビリビリ)
:「邪魔な奴らは[[ひき逃げ|跳ね飛ばせ]] 特に[[デス・レース2000年|特にババアやジジイは高得点]]」→「邪魔な奴らはブッ飛ばせ 特に[[ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター |砂かけババア]]は高得点」(電気ビリビリ)
:「[[イチオ|強制フェラチオ]] [[泉重千代]] [[ギネスブック]]で長寿世界一」→「ネオンにおやじ 野獣におやじ 三つ子の魂百までおやじ」(ウィアー/WE ARE  2コーラス目以降は全て書き直されている)
:「[[気違い|キチガイ]]」を曲全編に渡って連呼する「D・E・P」は楽曲そのものがお蔵入りになっている。
ちなみに、リリース元のレーベルであるSSEの前身は[[トランス・レコード]]であり、[[人生 (バンド)|人生]](電気グルーヴ以前に石野と[[ピエール瀧]]が在籍していたバンド)時代に[[ナゴム]]と[[キャプテン・レコード]]からリリースしていた同グループは、当時「インディーズ三大レーベル」と言われていた全てのレーベルからリリースしたことになる。
715

回編集