「ワイルドカード (情報処理)」の版間の差分

これを「燐寸」のほうのマッチにリンクしても無意味。リンクを停止
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: uk:Байдужий символ)
(これを「燐寸」のほうのマッチにリンクしても無意味。リンクを停止)
コンピュータなどの関連において、'''ワイルドカード'''は、[[検索]]など(グロブ([[w:glob (programming)]]))の際に指定するパターンに使用する[[特殊文字]]の種類で、どんな対象文字、ないし文字列にも[[マッチ]]するもののことである。[[カードゲーム]]の[[ワイルドカード (トランプ)|ワイルドカード]]に由来する呼称。
 
[[UNIX|Unix]]の[[シェル]]では、「?」([[疑問符]])を任意の一文字、「*」([[アスタリスク]])を長さ0文字以上の任意の文字列にマッチするパターンとして、コマンドライン上で、存在するファイルの名前に対して展開される(たとえば ac abc abd というファイルがある場合、cat a*c とコマンドを入力すると、cat abc ac のように展開されたうえで、cat プログラムが起動される)。