「ドナルド・ダック・ダン」の版間の差分

編集の要約なし
{{亡くなったばかりの人物| date=2012-05-15 14:22 }}
[[File:DDDunn.jpg|thumb|ドナルド・ダック・ダン]]
'''ドナルド・ダック・ダン''' (Donald "duck" dunn,[[1941年]][[11月24日]] - [[2012年]][[5月13日]])はアメリカ合衆国のベーシスト。アイルランド系アメリカ人、[[テネシー州]][[メンフィス]]出身。左利き。1960年代から活動する[[ジェームス・ジェマーソン]]と並び称されるソウルミュージックの伝説的プレイヤー。ミドルネームの"ダック"はあだ名。<br />
1992年に[[ブッカー・T&ザ・MG's]]のメンバーとして[[ロックの殿堂]]入り。
 
来日中の2012年5月13日に東京都内で死去<ref>[http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E1E2E3958DE3E6E2E7E0E2E3E09191E2E2E2E2;at=ALL ドナルド・ダック・ダン氏が死去 米国のベーシスト 都内で] 日本経済新聞 2012年5月14日</ref>。
64年頃、スタックスのハウスバンド、[[ブッカー・T&ザ・MG's]]に[[ルイ・スタインバーグ]]の後釜として参加、76年に同社が倒産するまで数多くの所属アーティストのレコーディングやライブをサポートした。<br />
70年代からは体制の変わった同社から少しずつ離れ、[[ロッド・スチュワート]]や[[ザ・バンド]]の[[リヴォン・ヘルム]]、[[レオン・ラッセル]]等のセッションに参加するようになり、78年にはTV番組[[サタデー・ナイト・ライブ]]の企画から生まれたバンド、[[ブルース・ブラザーズ|ザ・ブルース・ブラザーズ]]にスティーヴと共に加わり80年、98年に公開された映画にも出演、83年からは[[エリック・クラプトン]]のバンドに参加しツアーと2枚のアルバムでプレイし、85年の[[ライブエイド]]にも出演した<br />
90年、[[メンフィス]]から[[フロリダ州]][[パルメットー]]に引っ越す。
92年に[[ブッカー・T&ザ・MG's]]として[[ボブ・ディラン]]の30周年特別公演のハウスバンドを務める。また同年、やはりMG'sの一員として[[忌野清志郎]]のアルバム「Memphis」に参加、[[日本武道館]]でのライブにも出演している。<br />
90年代後期に喉頭癌を患うも回復。<br />
00年代からは主に[[ニール・ヤング]]のツアーやレコーディング、スタックスのレビューライブや[[ブッカー・T&ザ・MG's]]でのライブ等で活動。<br />
この頃Dupree'sSyndromeという遺伝子病を患う。
== 死去 ==
2012年5月、コットンクラブ、ブルーノート東京での公演の為[[エディ・フロイド]]、[[スティーヴ・クロッパー]]らと来日。<br />
15

回編集