「氷河湖」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.2) (ロボットによる 追加: et:Jääjärv)
'''氷河湖'''(ひょうがこ)とは[[氷河]]の後退により溶けた水が[[モレーン]](氷河末端の堆石)にせき止められて自然の[[ダム]]に溜まることにより形成される[[湖]]で、貯水量が一定以上になるとダム部分が決壊し、激しい[[土石流]]となって下流域に大きな被害をもたらすことがある。[[ヒマラヤ山脈|ヒマラヤ山地]]では、多くの氷河湖が形成され、[[地球温暖化]]の影響で夏に雪が降らず、雨が降ることにより、氷河が縮小し、氷河湖の貯水量が増える傾向があると指摘されており、その危険性が指摘されている
==災害==
貯水量が一定以上になる、[[火山]]活動の影響を受ける等の原因で[[天然ダム]]部分が決壊、[[氷河湖決壊洪水]]や[[土石流]]を引き起こし、下流域に大きな被害をもたらすことがある。[[ヒマラヤ山脈|ヒマラヤ山地]]では、多くの氷河湖が形成され、[[地球温暖化]]の影響で夏に雪が降らず、雨が降ることにより、氷河が縮小し、氷河湖の貯水量が増える傾向があると指摘されており、その危険性が指摘されている。
 
東ネパールのイムジャ氷河の[[イムジャ湖]]は最も決壊の危険性が大きい湖として、警戒されている。日本には氷河湖の例はないが、ヨーロッパにはいくつか氷河湖が存在し、代表的なものに[[ボーデン湖]]などがある。
 
==関連項目==
*[[気候変動]]
 
{{geo-stub}}
9,241

回編集