「経験則」の版間の差分

編集の要約なし
(読み表示)
経験則 (けいけんそく、''empirical rule''<ref>[http://encyclopedia2.thefreedictionary.com/empirical+rule empirical rule]</ref>) は、観測、実験などの経験の蓄積により得られた法則を言う。
 
== 経験則の例 ==
次のような法則は経験則である。<br>
* 水は100度で沸騰する。<br>
* 水は0度で凍る。<br>
* 地球は24時間で1回自転する。<br>
* 太陽系の惑星と太陽とを結ぶ線分が単位時間に描く面積は、一定である([[ケプラーの法則]]、面積速度一定の法則)<br>
* 反応の前後で、質量の総和は変化しない([[質量保存の法則]])<br>
 
== 関連項目 ==
[[物理法則]]<br>
[[経験法則]]<br>
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
<references/>
 
== 関連項目 ==
* [[物理法則]]<br>
* [[経験法則]]<br>
 
{{デフォルトソート:けいけんそく}}
2,337

回編集