メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2012年5月16日 (水) 16:55 (UTC)}}
{{thumbnail:begin}}
{{thumbnail:画像|Bothe.jpg|ボーテ(1954年の写真)}}
{{thumbnail:ノーベル賞受賞者|1954年|ノーベル物理学賞|コインシデンス法による原子核反応とガンマ線に関する研究}}
{{thumbnail:end}}
'''ヴァルター・ヴィルヘルム・ゲオルク・ボーテ'''(Walther (''Walther Wilhelm Georg Bothe'', [[1891年]][[1月8日]] – [[1957年]][[2月8日]])はドイツの物理学者、数学者、化学者である。1954年 コインシデンス法(同時計数法)による原子核反応と[[ガンマ線]]に関する研究によってノーベル物理学賞を受賞した。
 
[[ベルリン]]に近い[[オラニエンブルク]]に生まれた。[[フンボルト大学ベルリン|ベルリン大学]]で[[マックス・プランク]]の元で学び、学位を得た。第1次世界大戦ではロシア軍の捕虜となり、5年間シベリアの収容所で過ごした。戦後、ベルリンの物理工学院(Physikalisch-Technische Reichsanstalt)で[[ハンス・ガイガー]]と共同で、複数のガイガー計数管を使って、粒子を同時に測定しその信号の差から粒子の入射角度を決定する方法を開発した。この装置を使って、[[コンプトン効果]]を研究した。コインシデンス法は散乱現象の近代的な研究手段の先駆けとなった
匿名利用者