「北帰行」の版間の差分

編集の要約なし
 
==継承==
''(この項スタブ)''
 
旧制旅順高等学校は、昭和20年([[1945年]])8月、日本の[[第二次世界大戦]]敗戦と共に廃校となった。他の[[旧制高等学校]]と異なり後身校は存在せず、寮歌としての歴史はここで終了となった(寮歌祭では、同校同窓生により寮歌の一つとして歌われ続けている)。一方で、この歌は戦後、[[歌声喫茶]]で作者不詳の歌として流行した。恐らく、作者の卒業した一高・東大あたりから歌声喫茶に広まったものと思われるが、詳らかでない。
 
 
歌のヒットにより、小林が主演する映画 『渡り鳥シリーズ』([[日活]])の昭和37年([[1962年]])正月封切り版『北帰行より 渡り鳥北へ帰る』の主題歌となった。小林のバージョンは現在まで最も流布したものであるが、原曲とは相当に変化した部分がある。もっとも作者の宇田自身は、小林の歌を晩年に至るまでいたく気に入っていたという。
 
{{節stub}}
 
==関連項目==
 
==書籍==
''(この項スタブ)''
*尾崎良江 『平成の愛唱寮歌八十曲選』 [[国書刊行会]]、1997年11月。ISBN 4336040443
*宇田博 『大連・旅順はいま』 六法出版社、1992年11月。ISBN 4897702747 - 自伝的ノンフィクション。「北帰行」が生まれた経緯を詳細に記している。
 
*:自伝的ノンフィクション。「北帰行」が生まれた経緯を詳細に記している。
{{節stub}}
 
==外部リンク==
*[http://duarbo.air-nifty.com/songs/ 二木紘三のうた物語] - 「北帰行」の項に、両バージョンの歌詞やエピソードが掲載されている。
*:「北帰行」の項に、両バージョンの歌詞やエピソードが掲載されている。
 
{{DEFAULTSORT:ほつきこう}}