「条約法に関するウィーン条約」の版間の差分

m
-headline sample
m (-headline sample)
== 見出し ==
{{anotheruse|条約法に関するウィーン条約|その他のウィーン条約|ウィーン条約}}
 
'''条約法に関するウィーン条約'''(略称:ウィーン条約法条約)(Vienna Convention on the Law of Treaties)とは、条約法に関する[[一般条約]]で、[[国連国際法委員会]]が条約に関する[[国際慣習法]]を法典化したものである。条約に関する国際法上の規則を統一したものだが、条約の無効原因としての[[ユスコーゲンス]](jus cogens, 強行規範)の承認(第53条)など、条約の漸進的発達の側面も有している。
 
== 条文 ==
[http://www.un.org/law/ilc/texts/treatfra.htm 英語条文]
== 内容 ==
:第一部  -
:第二部  - 条約の締結及び効力発生
:第三部  - 条約の遵守、適用及び解釈
:第四部  - 条約の改正及び修正
:第五部  - 条約の無効、終了及び運用停止
:第六部  - 雑則
:第七部  - 寄託者、通告、訂正及び登録
:第八部  - 最終規定
:付属書
 
== 成立過程 ==
:[[1969年]][[5月23日]]  - [[ウィーン]]で採択
:[[1980年]][[1月27日]]  - 発効
:*日本は1981年に加入(条約第16号)
 
== 関連項目 ==
*[[条約]]
 
== 外部リンク ==
*[http://www.un.org/law/ilc/index.htm 国連国際法委員会(International Law Commission)]
 
17,406

回編集