「ローレンツ方程式」の版間の差分

m
== 関連項目 ==
m (文献)
m (== 関連項目 ==)
'''ローレンツ方程式''' (ローレンツほうていしき)は、[[カオス理論|カオス]]的ふるまいを示す[[方程式]]の一つである。次に式を示す。
 
<math>\ dx/dt = -px+py</math><BR>
<math>\ dz/dt = xy-bz</math><BR>
 
x, y, zの3つの変数についての方程式で、システムのふるまいは、3つの定数b, p, rにより決まる。
 
[[マサチューセッツ工科大学]]に在籍していた[[エドワード・N・ローレンツ]] (Edward N. Lorenz) が[[大気変動]]モデルを研究している時に発見し、論文「決定論的非周期な流れ」 Deterministic Nonperiodic Flow (1963) の中で論じた。[[決定論的]]な連立常微分方程式が初期値鋭敏性を持つことは驚きをもって迎えられ、カオス研究の端緒となった。
 
== 参考文献 ==
* Lorenz, E. N.: Deterministic Nonperiodic Flow, J. Atmos. Sci., 20, pp.130-141, 1963.
 
== 関連項目 ==
*[[カオス理論]]
*[[ロジスティック方程式]]
*[[常微分方程式]]
 
{{stub}}
3,147

回編集