「イリヤース・ホージャ」の版間の差分

ノートページ参照
m (r2.7.2) (ロボットによる 変更: ru:Ильяс-Ходжа)
(ノートページ参照)
{{複数の問題|ソートキー=人1365年没
| 出典の明記 = 2012-2
| 参照方法 = 2012-3
| 独自研究 = 2012-3
}}
'''イリヤース・ホージャ'''(? - [[1365年]])は、東[[チャガタイ・ハン国]]([[モグーリスタン・ハン国]])の君主(在位:[[1363年]] - 1365年)。
 
[[トゥグルク・ティムール]]の長男。父が[[1361年]]に東西チャガタイ・ハン国を統一すると、{{要出典範囲|date=2012年5月|[[1362年]]}}西の領土の[[マーワラーアンナフル|トランスオクシアナ]]統治を任される総督に任命された。ところが父が東に帰還すると自らの{{要出典範囲|date=2012年5月|摂政}}だったはずの[[ティムール]]{{要出典範囲|date=2012年5月|と[[フサイン (西チャガタイ・ハン国)|フサイン]]}}が反乱を起こしてしまう。、{{要出典範囲|date=2012年5月|イリヤースはこの反乱鎮圧に手間取り、しかもる。}}1363年に父が死去したため、を継いだ。
 
{{要出典範囲|date=2012年5月|[[1364年]]にイリヤースはティムールに対して大軍を差し向けたが、ケシュ付近の戦いで軍は壊滅させられ、[[マーワラーアンナフル]]などを失ってモグーリスタンに撤退する。}}{{要出典範囲|date=2012年5月|これにより西の支配権を完全に失い、君主としての権威も堕ちた。}}{{要出典範囲|date=2012年5月|1365年に再度軍を差し向け、ティムールとフサインの不仲などから軍の疎通に齟齬をきたしていたため一時的に優勢となり[[サマルカンド]]を落とすに至るが、疫病による兵力の減少とサマルカンド市民の不支持などから結局は支配権を固められず、}}同年のうちにドグラト部のアミールであった[[カマルッディーン]]に{{要出典範囲|date=2012年5月|簒奪された上で[[暗殺]]された。}}
<!-- 事件の時系列は、本文のように簒奪→暗殺で正しいのでしょうか。 -->
 
== 参考文献 ==
* 江上波夫編『中央アジア史』(世界各国史, 山川出版社, 1987年1月)、421頁
<!--
*「中央アジア史」(山川出版社)
-->
 
{{先代次代|東[[チャガタイ・ハン国]]のハン|1363年 - 1365年|[[トゥグルク・ティムール]]|[[カマルッディーン]]}}