「自衛隊格闘術」の版間の差分

2008年(平成20年)より新たな内容の格闘術に変更された。この新しい格闘術は自衛隊内では「'''新格闘'''」と呼ばれている。
 
各国の軍・治安機関では[[テロ]]・[[ゲリラ]]などの脅威に対処するにあたり、[[近接格闘術]]を編み出していった。一方で、自衛隊での訓練は武道色の強い内容のままであった。やがて日本でも、[[不審船]]事案により[[北朝鮮]]の特殊機関が[[撃術]]」なる徒手格闘戦技を練成していることが判明したこと、[[テロ]]もしくは[[ゲリラコマンド]]による[[浸透戦術]]で近接戦闘が生起する可能性が高まったことを受け、陸上自衛隊では自衛官が戦闘の最終局面で自己を防衛しつつ任務を達成できるよう、{{和暦|2000}}度頃より格闘術全体の見直しを検討した。検討は、[[陸上幕僚長]]・[[森勉]]が実戦的な徒手格闘の体系を早期確立するよう指示したことにより、本格化した。これにより[[自衛隊体育学校]]第一教育課に格闘研究プロジェクトチームを発足し、格闘術の抜本的な見直しを進められた。
 
技術体系も大幅に見直され、これまでの徒手格闘・銃剣格闘・短剣格闘という分類から、徒手技術・武器技術という分類に変更されている。同時に訓練で使用する[[防具]]もミズノ社製の軽量かつ着装しやすい防具へと変更された。肉体の損傷を防止しつつ、訓練の痛みだけを与えることができる新機軸に基づいた防具である。
1,765

回編集