「カール・ムック」の版間の差分

編集の要約なし
| Notable_instruments =
}}
{{Portal|クラシック音楽}}
 
 
'''カール・ムック'''('''Karl Muck''', [[1859年]][[10月22日]] - [[1940年]][[3月3日]])は、[[ダルムシュタット]]に生まれ[[シュトゥットガルト]]に没した[[ドイツ]]人指揮者。
 
== 略歴 ==
音楽一家に生まれる。当初は歴史を専攻、[[1880年]]、[[ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク|ハイデルベルク大学]]にて[[歴史学]]の博士号を取得、のちに[[ライプツィヒ音楽院]]に学び、[[ゲヴァントハウス管弦楽団]]のソリストとして音楽家に転身する。以降、[[チューリヒ歌劇場]]の合唱指揮者を皮切りに、[[第一次世界大戦]]前の一時期を除き、主にドイツ・オーストリア圏で活躍した。とくに[[リヒャルト・ワーグナー|ワーグナー]]の権威として知られ、[[1901年]]から、主宰者[[ヴィニフレート・ワーグナー]]と訣別する[[1930年]]までのおよそ30年にわたって[[バイロイト音楽祭]]に客演し『[[パルジファル]]』の上演に携わった。20世紀前半を代表する[[指揮者]]の一人である
 
音楽一家に生まれる。当初は歴史を専攻、[[1880年]]、[[ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク|ハイデルベルク大学]]にて[[歴史学]]の博士号を取得、のちに[[ライプツィヒ音楽院]]に学び、[[ゲヴァントハウス管弦楽団]]のソリストとして音楽家に転身。以降、[[チューリヒ歌劇場]]の合唱指揮者を皮切りに、[[第一次世界大戦]]前の一時期を除き、主にドイツ・オーストリア圏で活躍。とくに[[リヒャルト・ワーグナー|ワーグナー]]の権威として知られ、[[1901年]]から、主宰者[[ヴィニフレート・ワーグナー]]と訣別する[[1930年]]までのおよそ30年にわたって[[バイロイト音楽祭]]に客演し『[[パルジファル]]』の上演に携わった。20世紀前半を代表する[[指揮者]]の一人。
 
== 評価 ==
 
*"a very great master, whose reliability, maturity and selfless dedication are not equaled by any living artist." 『ムックは、その信頼度、円熟度、音楽に対する無私の献身において当今並び立つものがいない偉大なマエストロ。』([[アルトゥル・シュナーベル]])
*"an ideal accompanist." 『理想の伴奏者。』([[イグナツィ・パデレフスキ]])
 
== 録音 ==
ムックは[[グスタフ・マーラー]]よりも1歳年長であるが、いくつかの録音を遺している。
 
*[[ボストン交響楽団]]を指揮した[[ピョートル・チャイコフスキー|チャイコフスキー]]、[[エクトル・ベルリオーズ|ベルリオーズ]]、[[エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ|ヴォルフ=フェラーリ]]等の小品集。
ムックはグスタフ・マーラーよりも1歳年長であるが、いくつかの録音を遺している。
*[[シュターツカペレ・ベルリン|ベルリン国立歌劇場管弦楽団]]を指揮した[[リヒャルト・ワーグナー|ワーグナー]]の管弦楽曲集。
 
*ベルリン国立歌劇場管弦楽団、[[バイロイト祝祭管弦楽団]]を指揮した舞台神聖祝典劇[[パルジファル]]』(抜粋)
*ボストン交響楽団を指揮した[[チャイコフスキー]]、[[ベルリオーズ]]、[[エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ]]等の小品集。
*ベルリン国立歌劇場管弦楽団を指揮した[[リヒャルト・ワーグナー|ワーグナー]]の管弦楽曲集。
*ベルリン国立歌劇場管弦楽団、バイロイト祝祭管弦楽団を指揮した舞台神聖祝典劇『パルジファル(抜粋)』。
 
== 参考文献 ==
*[[ハロルド・ショーンバーグ|Harold C. Schonberg]], ''The Great Conductors'' (NY: Simon and Schuster, 1967), ISBN 0671207350
 
{{先代次代|<small>[[ボストン交響楽団プラハ・ドイツ歌劇場]]<br>音楽監督|19121891年 - 19181892年|[[マックタフフィラー]]|[[アンリレオラボーブレッヒ]]</small>}}
Harold C. Schonberg, ''The Great Conductors'' (NY: Simon and Schuster, 1967), ISBN 0671207350
{{先代次代|<small>[[ベルリン国立歌劇場|ベルリン宮廷歌劇場]]<br>楽長・総監督|1892 - 1912|[[ヨーゼフ・ズーヒャー]]|[[リヒャルト・シュトラウス]]</small>}}
 
{{先代次代|<small>[[ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団]]<br>客演指揮者|1903 - 1906|[[ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世]](常任指揮者)|[[フェリックス・ワインガルトナー]](常任指揮者)</small>}}
 
{{先代次代|<small>[[ボストン交響楽団]]<br>音楽監督|1906 - 1908|[[ヴィルヘルム・ゲーリケ]]|[[マックス・フィードラー]]</small>}}
== ポスト ==
{{先代次代|<small>[[ボストブルク・フィルハーモニー管弦交響楽団|ハンブルク・フィルハーモニー協会]]<br>音楽監督|19221912年 - 19331918年|[[マックス・フィードラー]]|[[オイゲヨッフムラボー]]</small>}}
 
{{先代次代|<small>[[プランブルクドイツ歌劇場フィルハーモニー管弦楽団|ハンブルク・フィルハーモニー協会]]<br>音楽監督|18911922年 - 18921933年|[[マックタフフィラー]]|[[イゲンブレフム]]</small>}}
{{先代次代|<small>[[ベルリン国立歌劇場|ベルリン宮廷歌劇場]]<br>楽長・総監督|1892 - 1912|[[ヨーゼフ・ズーヒャー]]|[[リヒャルト・シュトラウス]]</small>}}
{{先代次代|<small>[[ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団]]<br>客演指揮者|1903 - 1906|[[ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世]](常任指揮者)|[[フェリックス・ワインガルトナー]](常任指揮者)</small>}}
{{先代次代|<small>[[ボストン交響楽団]]<br>音楽監督|1906 - 1908|[[ヴィルヘルム・ゲーリケ]]|[[マックス・フィードラー]]</small>}}
{{先代次代|<small>[[ボストン交響楽団]]<br>音楽監督|1912 - 1918|[[マックス・フィードラー]]|[[アンリ・ラボー]]</small>}}
{{先代次代|<small>[[ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団|ハンブルク・フィルハーモニー協会]]<br>音楽監督|1922 - 1933|[[マックス・フィードラー]]|[[オイゲン・ヨッフム]]</small>}}
 
 
{{DEFAULTSORT:むく かある}}
[[Category:ドイツの指揮者]]
[[Category:ダルムシュタット出身の人物]]
匿名利用者