「和田堰」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[File:Azusa tosyuko.JPG|thumb|right|300px|和田堰の水を取水している梓川頭首工。ここで取水された水は各方面にわけられるが、[[昭和電工]][[赤松発電所]]で発電の用に供された水が、さらに和田堰に流れるように今は造られている]]
'''和田堰'''(わだせぎ)は、[[長野県]][[松本市]][[波田町|波田]]を通り、[[新村]]から[[神林]]方面まで流れる灌漑用の人工河川で、[[梓川]]から取水している。水流量は多く、[[長野県道25号塩尻鍋割穂高線]]([[サラダ街道]])と交差する辺りで川幅10メートルを超す。この[[用水路]]の灌漑水は、波田下の段から、[[和田]]、新村、神林、[[島立]]、島内に至る約2700haの水田を潤している。成立は古く、10世紀初頭(平安中期)を示唆する意見もある<ref name=azusa>あずさ書店編集部『幻の大寺院 若沢寺を読みとく』あずさ書店、2010年9月、ISBN9784900354678、43ページ</ref>。
 
==概要==
[[堰]](せき)は一般に、水をせき止めて用水を取り入れる目的で[[河川]]や[[湖沼]]に設けられる構造物や、水路の水位・流量を調節するために造った構造物を指す。また、そこから取り入れた用水を流すために人工的に造った[[用水路]]のことを言い、この場合には「せぎ」と読む。和田堰もその1つである。
[[アルピコ交通]][[アルピコ交通上高地線|上高地線]]とは、分岐した水路の2本が[[三溝駅]]東方約200mで直交している(川幅は狭い)。この辺りでは、周囲の土地よりも堤防の方が2mほど高い人工の天井川になっている。造られた平安時代における測量技術・土木技術の高さを示すも反映であろう
 
同じ波田地区内には、他に[[波田堰]]・[[黒川堰]]の2つがある。長野県道25号塩尻鍋割穂高線(サラダ街道)と交差する辺りでは、和田堰は最下段の[[河岸段丘]]の下で梓川と同じ高さにある。しかし、波田堰は下から3つめの河岸段丘を掘り通す高さに造られている。黒川堰は、山の中を通り、上波田寺山において山麓に出て、さらに山麓を掘り通すように造られている。
1,531

回編集