「くすぐり」の版間の差分

(全体的に出典が全くなく{{出典の明記}}が貼られているのだから、{{要出典}}を個別に貼って回る必要はない)
==くすぐったいメカニズム==
くすぐったいと感じる場所は、一般に耳の周辺、首筋、脇の下、手の甲、もものつけね、膝の裏、足の甲や裏など、[[動脈]]が皮膚に近いところを通っている部位である。こうした部分は万一怪我をすると多量の出血を伴いかねない「危険部位」で、そのため付近には[[自律神経]]も集まって、外部からの刺激に対しては特に敏感になっている。この自律神経と密接な関係にある[[小脳]]では、こうした危険部位への刺激に対する予測と、それに対する感覚の制御を行っている。したがって自分でそうした部位をくすぐってみても、その刺激は小脳の予測どおりなので、小脳が感覚を制御するため違和感が生じない。ところが他人にくすぐられると小脳はこれを予測することができないので、感覚の制御は不能として脳は混乱状態に陥る。その不快な感覚が「くすぐったい」という感覚であり、そうした「生命にとっての危機かもしれない」と錯覚された状態から逃れようとする自律神経の過剰反応が「笑い」にあたる。
{{Redirect|ギャンブラー|[[アクセント]]ないし[[アクセント記号]]|くすぐったい (アクセント)}}
 
==性的なくすぐり==
匿名利用者