「レストレード」の版間の差分

m
出典なしの記述削除以外は戻す
m (出典なしの記述削除以外は戻す)
『[[緋色の研究]]』に登場して以来、レストレード警部は[[シャーロック・ホームズシリーズ|ホームズ作品]]に警察関係者の中では最も頻繁に姿を見せる人物だけあって、[[シャーロック・ホームズ|ホームズ]]、[[ジョン・H・ワトスン|ワトスン]]両名との関わりも深い。
 
当初はホームズをアマチュアと侮り、その独特の捜査の方法もやや軽蔑を含んだ目で見ていたが、共に難事件に携わりながらそれらを解決する手際を見るうちに次第に彼の能力に敬意を表するようになり、『[[六つのナポレオン]]』の頃にはしばしば時折個人的に[[ベーカー街221B|ベーカー街]]を訪れてホームズ達と談笑し、不可解な事件を鮮やかに解決したホームズの手腕をワトスン共々憚りなく絶賛するほどにまで打ち解けた。しかし、それでも『[[ブルースパーティントン設計書]]』では証拠を得るために夜盗まがいの行動を取ったホームズに対して「あまりそんな事ばかりしていると、そのうちとんでもない目にあいますよ」と手厳しく釘を刺し、職務に忠実な警官としての一面と共に、親しさの中にもホームズへの変わらぬ対抗心を持ち続けていると感じさせる場面もみられる。
 
主にレストレード警部が担当している事件にホームズが関わっていくのが多いのだが、『[[バスカヴィル家の犬]]』、及び『[[空き家の冒険]]』ではホームズからの依頼に応じて警部が現地へと駆けつけており、特に『空き家の冒険』の際にはホームズとの会話から、彼自身の意思で捜査に協力したことが窺える。
 
== レストレード二人説 ==
1881年の事件とされる『[[緋色の研究]]』においてすでに20年の経験がある<ref>原文 in spite of my twenty years' experience</ref>と記され、1902年の事件『[[三人ガリデブ]]』にも登場しているため、40年にわたり警察官として活動していたことになる<ref>ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、383-384頁</ref>。物語への登場期間の長さに反して、作中でのレストレードの[[階級 (公務員)|階級]]は初登場した頃から一貫して警部のままであり、新聞でも常々有能と称される世間の評判と裏腹に一階級も昇進した様子はなく不自然である。さらに、レストレードのホームズに対する態度が、1894年の事件である『[[空き家の冒険]]』と翌1895年の『[[ノーウッドの建築業者]]』で一変していることから、[[シャーロック・ホームズシリーズ|ホームズ作品]]に登場するレストレードなる人物は2人存在し、『空き家の冒険』と『ノーウッドの建築業者』の事件の間に入れ替わったのだとする説がある<ref>この2人のレストレードは父親と息子であると仮定されている。 - 原田正人「レストレイド二人説」『シャーロック・ホームズ大事典』小林司、東山あかね編、東京堂出版、2001年、932-933頁</ref>。
 
== 登場作品 ==
344

回編集