メインメニューを開く

差分

花はどこへ行った

12 バイト除去, 6 年前
リンク修正
女性ヴォーカルをフィーチャーした[[ピーター・ポール&マリー]]によるカバーは、日本において最も有名なカバーバージョンといえる。この楽曲が「反戦歌」として定着したのはこのグループによるところが大きいといわれる。彼らは、ベトナム反戦運動の中でこの曲を積極的に取り上げて歌唱していた。音源としては、[[1962年]]のファーストアルバム『ピーター・ポール&マリー』などに収録されている。3番の歌詞で取り上げている対象が「若い男」から「夫」に変わっている。
 
=== ザ・ブラザース・フォア ===
キングストン・トリオ同様、西海岸のグループであった[[ザ・ブラザース・フォア]]は、比較的早くから何度も来日し、日本での人気が高かった。日本ではピーター・ポール&マリーとともに有名なカバーバージョンの一つで、「グリーンフィールズ」と並ぶ彼らの代表曲の一つでもある。多くのベストアルバムに収録されている。また、ピーター・ポール&マリーと同様に、3番の歌詞で取り上げている対象が「若い男」から「夫」に変わっている。
 
=== コニー・マ・ボス ===
55,815

回編集