「ピッキング行為」の版間の差分

カム送りについて、リンク先が無いので軽く説明を加えました。
(『「鍵」が危ない!』を元に少々の加筆。長期間出典が示されない記述を除去。これに伴い大方に出典が付いたため、Template:出典の明記を剥離。)
(カム送りについて、リンク先が無いので軽く説明を加えました。)
その一方で日本において[[2003年]](平成15年)6月に「[[特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律]]」(ピッキング防止法)が制定(同年9月施行)され、開錠道具の所持は、錠前業者が業務で使うなどの正当な理由が無い場合は違法行為となった。同法では[[ドライバー (工具)|ドライバー]]、[[バール]]、[[電動ドリル]]などの[[工具]]でも見咎められる場合がある<ref>『「鍵」が危ない!』 pp.304-305</ref>。
 
なおピッキング対策を講じても、手口の異なる[[サムターン回し]]・[[カム送り解錠]]<ref group = *>バイパス解錠とも。鍵穴・シリンダー以外の隙間から直接、閂を作動させるための「カム」に働きかけるなどする手法。『「鍵」が危ない!』によれば、対策自体は容易であると言う。</ref><ref>『「鍵」が危ない!』 pp.57-58, pp.141-142</ref>や鍵の破壊による侵入があり得る<ref>『「鍵」が危ない!』 pp.55-64</ref>。また、扉や蝶番を破壊する手口もあり得<ref>『「鍵」が危ない!』 pp.61-62</ref>、さらに扉のみに限らず窓やベランダからの侵入などもあり得るため<ref>『「鍵」が危ない!』 pp.62-63, 67-71</ref>、総合的な防犯対策が必要である。
 
== 脚注 ==
22,078

回編集