「空手道」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる: 秀逸な記事へのリンク ca:Karate)
== 名称の変遷 ==
=== 手、唐手、空手 ===
空手は、もともと[[明治]]初頭の頃の沖縄では、[[手 (沖縄武術)|手]](て、[[琉球方言]]でティー)もしくは[[唐手]](とうで、琉球語でトゥーディー、トーディー)と呼ばれていた([[花城長茂]]説)<ref>「本社主催・空手座談会(二)」『琉球新報』1936年10月28日。</ref>。[[摩文仁賢和]]によれば、「手」とは主に琉球固有の拳法を指し、唐手とは中国から伝来した拳法を指していたという<ref>摩文仁賢和・仲宗根源和『攻防拳法空手道入門』43頁参照。</ref>。しかし、[[1901年]](明治34年)に空手が沖縄県で学校の体育科に採用された頃から、唐手表記のまま、読み方が「トーディー」から「からて」へ改められ、意味も「手」も含めた琉球拳法一般を指すようになった。それゆえ、唐手(トーディー)と唐手(からて)は、言葉の意味する範囲が違うことに注意する必要がある。
 
「空手」の表記がいつから始まったかについては諸説がある。18世紀に編纂された正史『[[球陽]]』に、[[京阿波根実基]]が「空手」の使い手であったことが記されているが、この「空手」が今日の空手の直接の源流武術であったのかは、史料が乏しいため判然としない。[[船越義珍]]によれば、もともと「沖縄には『から手』という呼び方があったことは事実である」とされ、しかしそれが「唐手」なのか「空手」なのかは不明であるという<ref>船越義珍『愛蔵版 空手道一路』榕樹書林、2004年、98頁参照。</ref>。つまり、琉球王国時代から空手という表記が存在した可能性は考えられるが、これを史料から追跡するのは困難なのが現状である。
| style="width: 18%; text-align: center; background: #E1FFE1;" |カラテ、KARATE
|-
| style="width: 18%; text-align: center; background: #FFECE1;" |唐手(トーディー)
| style="width: 9%; text-align: center; background: #FFFFCC;" |
| style="width: 18%; text-align: center; background: #FFFFCC;" |
==== 唐手佐久川の以前と以後 ====
{{See also|手 (沖縄武術)}}
[[沖縄県の歴史|琉球の歴史]]において、唐手(とうで、トーディー)の文字が初めて現れるのは'''唐手佐久川'''(とうでさくがわ)とあだ名された[[佐久川寛賀]]([[1786年]] - [[1867年]])においてである。佐久川は20代の頃([[19世紀]]初頭)、当時の[[清]]へ留学し[[中国武術]]を学んできたとされる。この佐久川が沖縄本島に持ち帰った中国武術に、以前からあった沖縄固有の武術「手(ティー)」が融合してできたものが、今日の空手の源流である唐手であったと考えられている<ref>長嶺将真『史実と伝統を守る・沖縄の空手道』50頁。</ref>。
 
佐久川以降、「手」は唐手に吸収・同化されながら、徐々に衰退していったのであろう。一般に空手の歴史を語る際、この唐手と「手」の区別が曖昧である。それゆえ、狭義の意味での唐手の歴史は佐久川に始まる(さらに厳密に言えば、佐久川はあくまで「トーディー」=中国武術の使い手であり、「日本の武技の手・空手」の起源を考えるならば、佐久川の弟子の松村宗棍以降になる)が、「手」も含めた沖縄の格闘技全般の唐手の歴史は、もちろんそれ以前にさかのぼる。以下、広義の意味での唐手(空手)の歴史について叙述する。
 
==== 禁武政策の虚実 ====
また、[[土佐藩]]の儒学者・戸部良煕が、土佐に漂着した琉球士族より聴取して記した『大島筆記』([[1776年]])の中に、先年来琉した[[公相君]]が'''組合術'''という名の武術を披露したとの記述があることが知られている。この公相君とは、[[1756年]]に訪れた冊封使節の中の侍従武官だったのでないかと見られており、空手の起源をこの公相君の来琉に求める説もあるが、組合術とは空手のような打撃技ではなく、一種の[[柔術]]だったのではないかとの見解もあり<ref>藤原稜三『格闘技の歴史』640頁参照。</ref>、推測の域を出ていない。
 
==== 唐手(トーディー)の時代 ====
[[ファイル:Matsumura_Precepts.jpg|thumb|340px|'''松村宗棍遺訓'''。武芸を三段階に分けて、型偏重(学士の武芸)を戒め、臨機応変の大切さを説き、武芸の目的はおのれのためではなく、国王や両親を守る(忠孝)ためにある(武道の武芸)と説く。]]
19世紀になると、唐手という名称が使われ出す。しかし、唐手と「手」の相違は判然としない。明治初頭の頃まで、唐手以前の「手」は特に'''沖縄手'''(おきなわて、ウチナーディー)と呼ばれ、唐手とは区別されていたとされるが<ref>船越義珍『愛蔵版 空手道一路』95頁参照。</ref>、両者の間にどのような相違があったのかは不明である。19世紀以降の唐手の使い手としては、[[首里]]では佐久川寛賀とその弟子の[[松村宗棍]]、盛島親方、油屋山城、泊では宇久嘉隆、照屋規箴、那覇では[[湖城以正]]、長浜筑登之親雲上などである。
元来、琉球士族の間で密かに伝えられてきた唐手であるが、[[明治]]12年([[1879年]])、[[沖縄県の歴史#琉球処分|琉球処分]]により琉球王国が滅亡すると、唐手も失伝の危機を迎えた。唐手の担い手であった琉球士族は、一部の有禄士族を除いて瞬く間に没落し、唐手の修練どころではなくなった。不平士族の中には[[清]]国へ逃れ([[脱清]])、独立運動を展開する者もいた。開化党(革新派)と頑固党(保守派)が激しく対立して、士族階層は動揺した。
 
このような危機的状況から唐手を救ったのが、[[糸洲安恒]]である。糸洲の尽力によって、唐手はまず明治34年([[1901年]])に首里尋常小学校で、明治38年([[1905年]])には沖縄県中学校(現・[[首里高等学校]])および沖縄県[[師範学校]]の体育科に採用された。その際、読み方も「トーディー」または「カラーティー」から「からて」に改められた。唐手は糸洲によって一般に公開され、また武術から体育的性格へと変化することによって、生き延びたのである。糸洲の改革の情熱は、型の創作や改良にも及んだ。生徒たちが学習しやすいようにと[[ピンアン]](平安)の型を新たに創作し、既存の型からは急所攻撃や関節折りなど危険な技が取り除かれた。
 
このような動きとは別に、中国へ渡った沖縄県人の中には、現地で唐手道場を開いたり、また現地で中国拳法を習得して、これを持ち帰る者もいた。[[湖城以正]]、[[東恩納寛量]]、上地完文などがそうである。もっとも、日中国交回復後、日本から何度も現地へ調査団が派遣されたが源流武術が特定できず、また中国武術についての書籍や動画が出回るにつれ、彼らが伝えた武術と中国武術とはあまり似ていないという事実が知られるようになると、近年では研究者の間で彼らの伝系を疑問視する声も出てきている<ref>渡久地雅昭「空手の歴史、その信憑性を考察する」『JKFan』2006年10、11、12月号、2007年5、7月号、チャンプ</ref>。
1,554

回編集