「ジョルジュ・ソレル」の版間の差分

*暴力論 [[木下半治]]訳 1933 岩波文庫
**『暴力論』[[今村仁司]]、[[塚原史]]訳、[[岩波文庫]]、新訳,2007年
*『進歩の幻想 』[[川上源太郎]] 1974年
*『ドレフュス革命』[[稲葉三千男]]訳、[[創風社]]、1995年
 
==参考文献==
匿名利用者