「レンジファインダー」の版間の差分

大幅に加筆:構造.測距儀.大和 (戦艦)
(fr,it,pl)
(大幅に加筆:構造.測距儀.大和 (戦艦))
 '''レンジファインダー''' (range finder) とは、光学的な距離計のこと。2本の望遠鏡の画像をプリズムによって合成し、三角測量をするものが一般的。対物レンズの後ろにある鏡(またはプリズム)のわずかな傾斜角度で距離を測定する。'''測距儀'''ともいう
 
光学的な三角測量を応用したものが一般的。
左右に離れた2個の対物レンズで取り込んだ画像を、距離計に連動して回転する鏡(またはプリズム)によって、合成プリズムに送る。接眼レンズから覗いた左右の画像を重ね合わせて、距離を測定する。覗いたときの画像は、上下に分断して見えるものと、二重に重なって見えるものとがある。回転する鏡(またはプリズム)が片側だけのものと、両側とも回転するものがある。
 
左右の対物レンズ間の距離を基線長といい、これが長いほど精度が高くなる。基線長は、カメラに組み込んであるものは10[[センチメートル|cm]]程度であり、船舶用などの手持ちのもので30~40cm程度である。戦艦[[大和 (戦艦)|大和]]の測距儀は、基線長が8[[メートル|m]]あった。
 
組み込んだレンジファインダーを用いて距離を測定し焦点を合わせるカメラを[[レンジファインダー・カメラ]]といい、それを略してレンジファインダーということもある。
 
かつては、固定した位置からの距離測定はレンジファインダーに頼るしかなかったが、2000年<!--これでよいか?-->ごろからは[[レーザー]]光線によるものが主流になってきている。
 
===関連項目===