「煮びたし」の版間の差分

編集の要約なし
'''煮びたし'''(にびたし)とは、[[野菜]]や[[魚]]を[[出汁]]で煮る料理。出し汁も一緒に盛りつけることが多い。[[おひたし]]または[[含め煮]]の一種だが、茹でてから出汁をかければ「お浸し」、出汁で煮れば「煮浸し」。出し汁も一緒に盛りつけることが多い
 
== 作り方 ==
醤油やみりんで薄味をつけた出汁(市販の[[白だし]]を薄めて使用してもよい)を鍋で熱し、食材を単品または、[[油揚げ]]や[[厚揚げ]]、干し[[エビ]]などとともに入れ、軽く火を通したのち、さまして味を含める。沸騰させると出汁の香りが飛ぶので、沸かし過ぎないよう火加減に注意。
 
== 煮びたしの材料の例 ==
*[[アユ|鮎]](軽く素焼きした鮎を煮汁をたっぷり含むように煮る。梅干しを加えることもある。)
**他に[[フナ]]、[[アジ]]等もあるが近年ではあまり見られない
 
これらを単品または、[[油揚げ]]や[[厚揚げ]]、干し[[エビ]]などとともに、薄めに味付けした出汁で煮る。
 
== 煮物との違い ==
1,632

回編集