「マーストリヒチアン」の版間の差分

m
アラモサウルスなどはK-T境界を生き延びた可能性が高いですので、説明を加えました。
m (r2.6.4) (ロボットによる 変更: sh:Mastriht)
m (アラモサウルスなどはK-T境界を生き延びた可能性が高いですので、説明を加えました。)
この時代の終焉期には、非常に大きな環境変動とそれに伴う生物の[[大量絶滅]]、[[生態系]]の大規模な刷新が起こった。この変化によって白亜紀および中生代に幕が下ろされ、次の[[新生代]][[古第三紀]]へ移行している。
[[地球科学]]等にとって重要性の高いこの時期は、中生代白亜紀(略号:K)と新生代[[第三紀]](略号:T。古第三紀の旧称)の境目にあたる事から、[[地質学]]では「[[K-T境界]]」と言う。
K-T境界の時期には、ほとんど全ての[[恐竜]]<ref>[[アラモサウルス]]や[[ヒプセロサウルス]]などの、ごく一部の[[属 (分類学)|属]]はこの大絶滅を生き延びた可能性が高いことが、化石から示唆されている。</ref>と[[翼竜]]および主要な海棲[[爬虫類]]を含む、おびただしい種数の生物種群が絶滅に追いやられた。一方で、生き残った種には膨大な[[ニッチ|ニッチ(生態的地位)]]が明け渡され、その後の劇的な[[適応放散]]の切っ掛けとなった。
 
== 地質時代区分(時系列) ==
832

回編集